freee連携

freee for kintoneとは

freee × kintone連携で、営業から経理まで情報の一元管理を実現!

freee for kintone は、freee株式会社から提供されるWebアプリケーションです。freee for kintoneを用いることで、会計freeeとkintoneを連携させて活用できます。
主要な機能として、kintoneレコードの情報を会計freeeと連携し、見積書・請求書、取引を作成、さらに会計freeeで管理している決済ステータスをkintoneから確認する こともできます。

本研修で学べること

【ノンプログラマー向け】freee for kintoneの活用方法を学ぶ

freee株式会社から提供されるWebアプリケーション「freee for kintone」の使い方をマスターできるコースです。

こんな人におすすめ

  • Kintoneによるシステム構築に携わるアプリ管理者
  • kintoneの販売・提案に携わる営業・サポート・開発パートナー
  • kintoneアプリ管理を担当者として任せられてる
  • 標準機能より一歩進んだ、更に便利なアプリを作りたい
  • 会計freeeとkintoneを連携して利用したい
  • freee for kintone の導入を検討中の方

必須スキル

学習目的

  • freee for kintoneの活用方法を習得する
  • サンプルアプリを用いてfreeeとkintone連携の事例を体験する

プラン

公開研修

Webサイトから開催日程を選んでご参加いただけます。
少人数制(定員8名)だから、一人一人にきめ細やかな指導が可能です。

オンライン公開研修(zoom利用)
¥50,000(税別)
オフライン公開研修(現在休止中)
¥50,000(税別)
  • 時間:10:00開始/17:00終了
  • 定員:8名/回毎
  • オンライン研修実施時の注意事項を必ずご一読ください。
  • 公開研修の開催1週間前の時点でお申込者が1名の場合は中止となります。
  • 1名の場合に確実に開催をご希望のお客様は、1名開催確約オプション30,000円(税別)を付けてお申し込み頂けますと中止になりません。お客様の業務のスケジュール等で確実な開催が必要な場合は、1名開催確約オプションをご検討ください。
    ※1名開催確約オプション付きでお申込いただいた研修が当日2名以上になった場合でもオプション料金は返金いたしません。あらかじめご了承願います。
  • オフライン公開研修は、東京・大阪・名古屋・福岡など全国6拠点で開催しています。会場は、パートナー校・会場一覧でご確認ください。

企業向け訪問研修

お客様のご要望に合わせて、開催地域や日程、会場、受講者数を柔軟に調整いたします。
オンライン形式の受講も可能です。

8名プラン(1〜8名)
¥260,000(税別)
16名プラン(9〜16名)サブ講師を手配
¥450,000(税別)
  • 時間:6時間
  • オンライン形式での受講をご希望の際は、オンライン研修実施時の注意事項を必ずご一読ください。
  • 交通費・宿泊費が必要な場合、別途請求いたします。
  • 2020年2月1日より、テキスト代込みの料金表記に変更いたしました。

カリキュラム

第1章|freeeの機能と設計思想

  • 業務逼迫を引き起こす原因
  • 業務効率化をもたらすfreeeのテクノロジー
  • freee 自動取得・自動仕訳機能
  • freee ERPを支える設計

第2章|freee基本用語の理解

  • 3つの独自仕様
  • 取引とは
  • 仕訳の限界と取引のメリット
  • 取引のデータ項目及び仕訳生成例
  • 口座とは
  • 口座と明細と取引の関係
  • 口座と仕訳の関係
  • タグとは
  • 各種タグの特徴

第3章|kintoneの特徴と基本用語の理解

  • kintoneの特徴
  • kintoneを支えるサンプルアプリ
  • kintoneの基本用語

第4章|kintoneの基本操作

  • スペースを作成する
  • アプリを作成する
  • レコードを追加する
  • レコードを編集する
  • 一覧を作成する
  • グラフを作成する

第5章|freee for kintoneの機能

  • freee for kintoneの概要
  • freee for kintoneの機能概要
  • freee for kintoneの基本操作

第6章|freee for kintoneの初期設定

  • 認証設定
  • マスタ連携
  • 機能連携

第7章|サンプルアプリを用いて連携する

  • サンプルアプリの概要
  • freee社から提供されるサンプルアプリを使う場合
  • cybozu社から提供されるサンプルアプリを使う場合

第8章|freeeの情報を用いてグラフを作成する

  • 請求書アプリを用いたグラフ作成
  • 経費精算アプリを用いたグラフ作成
  • 取引アプリを用いたグラフ作成
  • 用途にあわせた適切なkintoneアプリ開発をサポート

当日ご準備いただくもの

①パソコン

ノートPC

研修に利用するパソコンをご用意ください。

※オフライン公開研修の際は、会場w-fiをご利用頂けます。
※企業向け訪問研修にて、会社所有のpcを利用される場合、ネットワークセキュリティ上、外部接続ができないようにしてある事があります。事前に自社情報システム担当者へご確認ください。

②kintone試用版アカウント

研修に利用するkintone試用版アカウントを事前取得してください。
kintone試用アカウント申込ページ

※既にご契約済みのお客さまも別途研修用に取得をお願いします。
※研修終了後、1週間程度有効な状態でご参加ください。


kintoneと連携できる製品の研修もおすすめ!

kintoneテンプレートを元に機能拡張、画面開発の基礎を習得
簡単な操作と充実したワークフロー機能で、申請・承認業務を電子化
kintoneの拡張カスタマイズをプログラムを書かずに簡単に実現できる
脱Excelを目指すkintoneユーザーを強力に支援する製品
クラウドユニバーシティの研修資料のダウンロードはこちら
A4用紙2枚でクライドユニバーシティの研修の概要を掲載しています。