kintone連携 Excel VBA

難易度

本研修で学べること

Excel VBA(マクロ)を活用したkintoneの使い方を学ぶクラスです。
kintone REST APIをExcel VBAから呼び出すことで、kintoneをより便利に使いこなすことができます。
研修の中の例題を通して、開発に必要な知識を学びます。
※本コースではオープンソースソフトウェアのVBA-JSONを使用します。

Excel VBA(マクロ)の経験がある方なら、どなたでもkintoneカスタマイズの仕組みを理解し、ご自身でカスタマイズに挑戦できるようになるでしょう。

Excel VBAの経験があることが望ましいですが、他のプログラミングでの開発経験がある方であれば参加できます。
(*Excel VBAそのものを学ぶコースではありません)。
Excel VBA自体の学習が必要な方は、市販の書籍などをご利用ください。

こんな人におすすめ

kintoneによるシステム構築に携わるアプリ管理者
kintoneの販売・提案に携わる営業・サポート・開発パートナー

  • Excel VBA連携によるカスタマイズでよりkintoneを活用したい
  • Excel VBA連携の注意点、ルールなど知りたい

必須スキル

kintoneの知識について

  • kintone基本1kintone基本2kintone基本3を受講済みの方もしくは同程度の方
    ※スキルがある場合は、上記3クラスをスキップして本クラスを受講することも可能です。

Excel VBAの知識について

  • Excel VBA(マクロ)プログラミング経験者であること。
    ※講座内ではExcel VBAそのものの説明は行いません。

学習目的

  • kintone REST APIを理解してkintoneアプリのデータを Excel VBAスクリプトで取得・登録・更新・削除できるようになる

プラン

公開研修

Webサイトから開催日程を選んでご参加いただけます。
少人数制(定員8名)だから、一人一人にきめ細やかな指導が可能です。

オンライン公開研修(zoom利用)
¥88,000(税込)
オフライン公開研修(現在休止中)
¥88,000(税込)
【オンライン】2022/9/27(火)
講師:加藤 和幸
時間:10:00〜17:00
【オンライン】2022/11/28(月)
講師:加藤 和幸
時間:10:00〜17:00

  • 時間:10:00〜17:00(休憩12:00〜13:00)
  • 締切り:開催日の1週間前(締切り日にお申込者が1名の場合は中止となります)
  • 1名の場合に確実に開催をご希望のお客様は、1名開催確約オプション38,500円(税込)を付けてお申し込み頂けますと中止になりません。お客様の業務のスケジュール等で確実な開催が必要な場合は、1名開催確約オプションをご検討ください。
    ※1名開催確約オプション付きでお申込いただいた研修が当日2名以上になった場合でもオプション料金は返金いたしません。あらかじめご了承願います。
  • オンライン公開研修をご希望の場合、オンライン研修実施時の注意事項を必ずご一読ください。
  • オフライン公開研修は、現在大阪のみ開催しています。会場は、パートナー校・会場一覧でご確認ください。

他クラスの受講を検討している方へ

お申し込みの際は、複数クラスのお申し込み方法をご覧の上、参加したいクラスの開催日程を全て選択してお申し込みください。

企業研修

お客様のご要望に合わせて、日程や受講者数、受講形式(訪問形式・オンライン形式)を調整いたします。まずはお問合せください。

8名プラン(1〜8名)
¥352,000(税込)
16名プラン(9〜16名)サブ講師を手配
¥616,000(税込)
  • 時間:6時間
  • 訪問形式をご希望の場合、開催地域、会場を柔軟に調整いたします。交通費・宿泊費が必要な場合、別途請求いたします。
  • オンライン形式をご希望の場合、オンライン形式時の注意事項を必ずご一読ください。
  • 研修テキストは指定のご住所宛に一括で郵送いたします。各拠点や受講者様の自宅宛など、送付先が複数になる場合、送付先ごとに送料(1,500円)が発生いたしますので、ご了承ください。

カリキュラム

第1章|Excel VBA 連携の事前知識

  • このコースの目的
  • Excel VBA 連携を始める前に

第2章|例題を体験してみよう

  • 例題アプリの内容
  • kintoneアプリの準備
  • Excel ファイルの準備
  • 例題の動作確認

第3章|kintone REST APIを理解しよう

  • REST API と JSON
  • 配列とDictionary オブジェクト

第4章|レコード操作の実装方法を学ぼう

  • レコードの取得と更新
  • レコードの登録
  • レコードの削除

当日ご準備いただくもの

①パソコン

ノートPC

研修に利用するパソコンをご用意ください。

※オンライン形式の際は、オンライン形式時の注意事項を必ずご確認ください。
※企業研修にて、会社所有のpcを利用される場合、ネットワークセキュリティ上、外部接続ができないようにしてある事があります。事前に自社情報システム担当者へご確認ください。

②kintone試用版アカウント

研修に利用するkintone試用版アカウントを事前取得してください。
kintone試用版申込ページ

※既にご契約済みのお客様も別途研修用に取得をお願いいたします。
※研修終了後、一週間程度有効な状態でご参加ください。
※使用期間(30日)が過ぎている場合、新しい環境での再試用は何度でもできます。(お試し中のデータを引き継ぐことはできません)。登録方法は「試用版の延長、または再試用はできますか?」をご確認ください。

受講に必要なPC環境

コースに参加される方はWindows版のExcel 2013(32bit) 、Excel 2016(32bit) 、 Excel 2019 以降 または Microsoft 365 のExcel 最新版をご用意ください。Mac版のExcelでは動作しません。
VBA スクリプトを編集するエディタは Visual Studio Code を推奨します。
本コースではオープンソースソフトウェアのVBA-JSONを使用します。


kintoneと連携できる製品の研修もおすすめ!

kintoneの拡張カスタマイズをプログラムを書かずに簡単に実現
脱Excelを目指すkintoneユーザーを強力に支援する製品
freee × kintone連携で、営業から経理まで情報の一元管理を実現