【受講者の声】kintone SP(スペシャリスト編)

kintone SP(スペシャリスト編)とは?

kintone SP(スペシャリスト編)は、アプリ作成者向けの導入コースで、アプリの利用方法から作成方法・各パーツの機能を学び、目的に応じたアプリを構築するスキルを習得できる研修です。

受講者の声

・kintoneでアプリを構築する知識が全くなかった状態から、
 たった1日で簡単なアプリケーションであれば1人で構築出来るようになった。

・実際の事例などを交えた説明があり、ケーススタディとしてイメージしながら理解が深まった。

独学ではカバーしきれないような内容や、実務で活用する場合の使いやすさまで説明があり、今後利用していく上でのリアルなイメージができた。

・kintoneの操作方法だけでなく、実務で使うにあたって注意すべき点、作業の順序などがわかりとてもよかった

演習が機能ごとにあるので、忘れずに身につきやすい

kintoneの知らない面をたくさん見ることができた

・何から取り掛かれば良いのかわからない状況でしたので、受講してみて今後の道筋が見えたのが良かったと思います

・少人数で講師との距離が近く、説明も丁寧で研修に終始集中して取り組ことができました

cloud universityに対する感想

・初めての受講でしたが、事前のメールなども非常に丁寧で安心して臨めました

・キントーンの勉強会など、地方ではなかなか見かけないのでとても貴重な時間でした

講義中に常に質問が飛び交い、それに対して講師が親切に対応していて、とても雰囲気が良かったです

講師のkintoneに対する愛が誰よりも大きく、講習の内容のすばらしさと相まって頑張って学ぼうと思いながら進めることができました。ありがとうございました。定期的にこういった機会に学べると嬉しいと思いました。

・進みが早いと感じましたが、それも段々慣れたのかなと。 難しく考えずに、アプリの作成を通じて勉強する事が一番だと思います。

【おすすめ】個人利用からチーム利用へ kintoneADコース

kintone SPで基本を学んだら、次のステップはkintone AD(アプリデザイナー) がおすすめです!
ADコースでは、管理者に必要な知識を習得することができます。
例えば、「経費精算」「経費申請」「見積承認」などの申請業務を、紙資料の申請からkintoneでの申請にすることで、承認まで時間がかかって業務に支障が出るといった管理者の課題を解決することができます。
kintone ADコースでは、この申請業務のアプリ作成に必要なプロセス管理の方法や、チームや部署内でkintoneを利用する上で必要なユーザーや組織単位でのアクセス権、通知やスペースなどのコミュニケーション機能を習得することができます。
コースの詳細は、kintoneADコースのページをぜひご覧ください。




継続的なサポートを求める企業様へ
アドバイザリーサポート

研修講師陣が直接お客様の業務をヒヤリングした上で、ご要望に合わせた最適な活用方法を継続的にアドバイスいたします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です